2016年07月08日

【第5陣】熊本災害ボランティア 3日目A

こんにちは。
法人課の瀬戸です。

今週の5日(火)から熊本に来ています。

アイジーコンサルティングでは
6月6日から1週間ずつ交代で、有志メンバーが熊本ボランティアに来ており、
今回参加メンバーは『第五陣』です。

昨日、一昨日のボランティアの様子は一緒に参加したメンバーが
各店ブログで報告をしています。ぜひご覧ください。

■1日目
・横浜支店ブログ 臼庭さん
・岡崎・豊川店ブログ 諸隈さん

■2日目
・横浜支店ブログ 宮川さん
・千葉店ブログ 藤瀬さん



活動3日目の今日はあいにくの雨。
近くの施設内で支援物資の梱包作業を行いました。

securedownload.jpg

益城町ボランティアセンターの近くに
もうすぐ仮設住宅が出来るため、そこに送るための支援物資です。

securedownload.jpg

タオルやせっけん、歯ブラシ、サランラップ、食料、軍手、靴下…
施設内には他にもたくさんの支援物資が届けられており、
1件分ずつ、心を込めて箱詰めを行いました。




今回詰めた支援物資は来週の月曜日に発送されるそうです。

ボランティアにも本当に色んな作業があって、
今でもたくさんの人を必要としている益城町の中で、
私が参加させていただいた活動はほんの一部。
小さな力です。

それでも。
もし、益城町のどなたかのお役に立てたのなら
それが1人でも、2人でも
もしお力になることが出来たのなら
私がここに来た意味があったのかな、と思いました。


この3日間の活動の中で、
私たちが、一緒に活動をしたボランティアの方々は
仙台、大阪、千葉、熊本…本当に色んなところから来られていました。

皆さん本当に明るい方ばかりで、私の方が何度も勇気づけられました。

「本震の時、熊本市内のマンションの15階にいたからすごく揺れた。
 いったん避難所には行ったけど、寝る場所が無かったから車中泊をしていた。
 今はマンションでの生活に戻れたから、リフレッシュ休暇を取ってボランティアに来ているんだ。」


「個人で来ている人は、車中泊で来ている人も多いよ。
 俺も1週間車中泊!でも楽しい!食べ物もおいしいし、良いところだよね」


こういった一人ひとり方の『想い』が今の益城町を照らしているのかな、と思います。

securedownload.jpg

ありがとうございました。


明日には名古屋に戻ります。
今の想いを、絶対に忘れないように。
何度も何度も思い返しながら帰ろうと思います。


securedownload.jpg

昨日立ち寄った、屋台村にて。


■-■--------------------■-■--------------------■-■

アイジーコンサルティングのホームページはこちら
〜住宅メンテナンス・リフォーム・耐震・新築〜

  common10.gif

■-■--------------------■-■--------------------■-■  


posted by アイジー at 20:00| 熊本 ☔| Comment(0) | ボランティア 第5陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【第5陣】熊本災害ボランティア 3日目

こんにちは!

アイジーコンサルティング横浜支店の臼庭です。
私が担当するボランティア活動も最終日となりました。
熊本はあいにくの雨でしたが、やることはたくさんありました。

image-5d2b4.jpeg

本日は日本全国から送られた救援物資の梱包です。

image-d7494.jpeg
中には中国から届いたものがあったり、メッセージ付きのものもあり、
人々の温かさを感じ、気合が入りました。

image-aabe1.jpeg

梱包された物資は来週月曜に約300の仮設住宅に届けられる予定です。
1件に対して届けられる量はかなり少ないです。
1週間保てばいい程だと思います。

ボランティアの人手も物資も全然足りていません。
まだまだ私たちにやれることはたくさんあります。
熊本で活動出来るのは本日が最後となりますが横浜へ戻っても出来ることを続けていこうと思います。


ボランティア後に「屋台村」に寄りました。
震災で営業できなくなったお店が集まって営業していました。

image-cf9d4.jpeg

店員さんが自分でデザインしたTシャツを購入しました。
「Realized」の文字が反転してプリントされています。

image-20c36.jpeg

後ろはこんな感じ。
「xxxは失った後に気がつく」という意味だそうです。
xxxは買った人それぞれの大事なもの。
失う前に大切なもの、人に気付けるようになりたいですね。

火の国の1日でも早く復興いたしますよう、お祈り申し上げます。
posted by アイジー at 18:00| 熊本 ☔| Comment(0) | ボランティア 第5陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

【第5陣】熊本災害ボランティア 活動2日目A

こんにちは。
千葉店、法人営業担当の藤瀬です。

ボランティアチーム第5陣として、熊本に来ています。
7月5日に熊本入りし、本日は活動2日目です。


今日は、一般のお宅に伺って、家財や家電、瓦礫やガラス、
地震や大雨により使えなくなってしまった生活用品の
分別・撤去作業をお手伝いさせて頂きました。

image3.JPG


ボランティアご依頼主の方は、40代の女性の方でしたが、
家の敷地一杯に積みあがった土嚢袋や、冷蔵庫などの家電は、
男手や人数がいなければ片づけられない量でした。


2トントラックを使い、
集積場・クリーンセンターとお宅を4往復分です。

image2.JPG

分別もしっかり行います。
割れ者、プラスチック、金物、燃えるゴミ、
ベッドなども、解体してしっかり分けました。


山のようにあった荷物も本日の活動で綺麗に片付き、
奥様も本当に喜んでくださいました。


とても切符の良い奥様で、
休憩時間にご家族のことや、普段のお仕事のこと、
本当に辛かったであろう地震の瞬間や震災直後のこと。

若い私たちに「学びがあるだろう」と、沢山お話をしてくださいました。


本当は、思い出したくなかったはずです。


「荷物を見るのも本当は嫌だ…。一つ取っておこうと思ったら、
 全部思い出だし大切なもの。全部取っておきたくなってしまう。
 だからもう、全部捨てて。大丈夫。」


そうおっしゃっていたのに。
それでも、笑顔で明るく話してくださいました。

「震災直後で、食事の配給があっても、すぐになくなってしまって、
 オニギリ一つも手に入らなかった。
 遠く離れたコンビニへ行って行列を作っても、
 買う事ができずに途方に暮れた日々だった。」



旦那様とお子さん5人、奥様の親御さんもいらっしゃって、
オニギリ一つ手に入れることが難しい状況が、1週間も続いたのだそうです。


ブログでは内容は控えさせて頂きますが、

「それ以上に震災後にあった辛かったこと」

「なんで、こんなに立て続けに…」

ということも、教えて頂きました。


思わず、涙が出そうになりましたが、
奥様を目の前にして、私が泣いていてはダメだと。

熊本の皆さんが辛い思いをしている分、
少しでも私が強くありたいと、そう思いました。


「これも運命なのかな。でも私たちは生きている。」

「みんな辛いのは一緒。頑張らなきゃって思うよ。」



奥様の言葉に、胸が一杯になりました。


震災後、少し落ち着いてきてからは、
お子さんたちもボランティアへ参加していたのだそうです。

自分たちが一番大変な中、「学ぶことがあるだろう」と。

本当に、尊敬しました。


活動が終わり、お別れする時には、
今まで笑顔だった奥様が、涙を流しながら手を振ってくださいました。

有難いことです。
喜んでくれて、本当に嬉しかったです。


活動はあと明日のみとなりましたが、
私も微力でも精一杯出来ることを行って、
沢山のことを学んで帰りたいと思います!


image1.JPG

最後に。本日、一緒に活動を行ったメンバー。


明日も頑張ってきます。
posted by アイジー at 20:00| 熊本 ☁| Comment(0) | ボランティア 第5陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【第5陣】熊本災害ボランティア 活動2日目@

こんにちは。
横浜支店、アフターサービス課の
宮川です。

只今、私は熊本に災害ボランティアに来ています。
本日は2日目です。

ボランティアの活動はボランティアセンターに寄せられた被災者からの活動依頼を元にどの場所にどれ程の人員が必要かを決め、そのニーズに合ったメンバーが活動に伺うといった流れです。
DSC_0640.JPG
こちらがボランティアセンターです。

2日目の今日は被災宅の家具や家電などを廃棄場まで運搬するというものでした。

まだ使えそうな家財道具が多くありましたが、被災宅の奥様が残しておくと地震を思いだして辛くなるという事で全て廃棄にしたそうです。

家財道具を仕分けしている時も、そのお家の生活が見えるものが多くあり、私たちも心苦しい気持ちになりました。

被災宅の近くでは道路に大きいひび割れや
川の橋が崩落してしまったところがありました。
DSC_0643.JPG


DSC_0646.JPG

地震から約3ヶ月が経った今でもボランティアセンターには多くの依頼が寄せられているそうです。
まだまだボランティアは必要とされています。
posted by アイジー at 19:00| 熊本 ☁| Comment(0) | ボランティア 第5陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

【第5陣】熊本災害ボランティア 活動初日A

こんにちは!岡崎店の諸隈です。

先陣に続いて、
私も第5陣として熊本ボランティアに参加しています。

活動初日の今日、
先週までの雨から一転、気持ちいいほどの晴天でした。

活動内容は、個人のお宅のブロック塀が崩壊してしまったため、
その瓦礫の撤去と集積場への運搬を行いました。

IMG_2134.JPG
IMG_2129.JPG
瓦礫を集めて軽トラックに乗せていく作業です。


瓦礫の中には、鉄筋がくっついているものもあります。
IMG_2144.JPG
集積場に運ぶためには、分別はしっかり行わないといけないため、
ハンマーで瓦礫を砕いて、ばらけさせます。

最後にはキレイに片付いて、
お住まいのご主人様に非常に喜んでいただいて
本当に良かったです。

主人様は、頻繁に冷えた飲み物を差入れしてくださったり、
声をかけてくださったりと、とてもあたたかい方でした。

しかし時折、
「震災を受けて、益城町の街並みも変わってしまった。」
「益城町はせっかく人口が増えてきていた町だったのに、
これでまたどんどん減ってしまうだろう。」

と悲しい表情をされていて、
そのときには何と声をかけていいのか分からず、
自分の不甲斐なさに心が痛くなるばかりでした。

また、こちらの家の方ではないのですが、
たまたま出会った被災された女性は、
「地震で受けた、頬の傷がまだ治らない」と言っていました。

震災のあの日から、3か月近くたった今でも、
まだまだ熊本の皆さんが受けた傷は、心も体も癒えていないのです。


あと2日間、ボランティアで活動させていただきます。
本当にわずかな力でしかありませんが、
自分ができることを明日からも精一杯頑張ってきます!!

IMG_2159.JPG
今日一緒にボランティアを行ったメンバーです。

仙台から1人で来ていた方もいて、
「東日本大震災での恩返し」と仰っていました。

一緒に頑張ったメンバー、
そして今日お伺いしたH様、
出会いに感謝です。本当にありがとうございました!!




アイジーコンサルティングメンテナンス事業部ホームページはこちら
logo02.gif
posted by アイジー at 19:06| 熊本 ☀| Comment(0) | ボランティア 第5陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【第5陣】熊本災害ボランティア 活動初日@

アイジーコンサルティング 熊本地震ボランティア派遣 第4陣のレポートをお届けします。
7月5日(火)〜7月9日(土)の5日間、社員6名が参加いたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんにちは!

アイジーコンサルティング横浜支店の臼庭です。
私は今、熊本に来ております。
弊社の社員がローテーションでボランティアに参加しており、今週から私がボランティアに参加することになりました。

image-285de.jpeg

熊本城を見てきました。
所々崩れており、直るまで最大20年ほどかかると言われています。

しかしながら、それでも力強さを感じる佇まいでした。

余韻を感じつつ車を走らせていると道には未だに倒壊したままの家屋があり、大変痛々しい街並みでした。

image-03ef0.jpeg
道端に書かれた「がんばるばい」の文字。
私は3.11を経験していますので、被災の現場に思わず涙をこぼしそうにもなりました。

しかしそれ以上に、ボランティアセンターに集まったのは、熊本県外の人が大多数でした。
九州の方から関東の方までいらっしゃり、「頑張りましょう」と活動していることにまた涙を浮かべました。


熊本に行くことが決まり、家族に報告すると「3.11の恩を返して来い」と背中を押されました。
出来ることは限られていますが、私をはじめボランティアメンバー一同、「共に頑張りましょう!」と寄り添った活動になるよう努めて参ります。

image-022c5.jpeg
posted by アイジー at 19:05| 熊本 ☀| Comment(0) | ボランティア 第5陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。